在宅ラーターが覚えておきたい最低限度のこと

近頃副業する人が多くなっていますが、その中でも断トツに多いのが在宅ライターではないでしょうか?
ブログやSNSサイトなど自分で文章を書きそれを投稿する機会が増えているので昔ほど文章作成に高いハードルを感じなくなってきているのでしょう。
今回か【在宅ラーターが覚えておきたい最低限度のこと】についてまとめておきます。
注意しなければならないのは情報交換程度はいいでしょうが、記事の中身を交換することはルール違反になります。
絶対にしてはいけないことになるので要注意です。
どういった内容の在宅ワークでも著作権は依頼側の会社に帰属します。
その記事を他人に見せるのは言語道断です。
特に注意しなければならないのが「今まで作成した記事を見せてください」とか言ってくるクライアントです。
こういったところは法律的知識もないので気を付けた方がいいでしょう。
著作権侵害になるという意識が欠如しているのです。
また、記事の転用も絶対駄目ですね。
在宅ライター同士がお互いの記事をチェックするのもより正確な文書を作成するには必要なことかもしれません。
しかし、それで守秘義務があることを意識しましょう。
チェックした記事はすぐに削除することを心がけましょう。
本来は文章チェックの本人がするべきことです。
記事の転載・流用などは在宅ライターが絶対してはならない必要最低限度のルールであることをキモに命じておきましょう。
上手に案件を選んでいけば、ライターとしてのスキルもアップしてきますから、単価が増えてくることもあります。
いろいろなテーマの記事作成を積極的に挑戦していくと自分磨きにもなり知識も増えてゆきます。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.